« 資産配分の調整 リバランス | トップページ | 債券の格付け »

2011年1月24日 (月)

資産運用 分散投資

運用で大切なことは、自身の目標に応じて自分で運用商品を選択し、運用を行うことです。
株式や債券の投資信託で運用する場合は、資産を殖やせる可能性もありますが、運用状況によっては資産が目減りする可能性もあります。

値動きのある運用商品に投資する場合、そのリスクを低減するための有力な投資手法の一つに分散投資があります。
資産運用に関する格言で「たまごを一つのカゴに盛るな」という言葉があります。
一つのカゴに全部のたまごを盛っていると、カゴを落としたときに全てのたまごが割れてしまう可能性がある、ということです。
資産運用においても同じことがいえます。
一つの資産で運用していると、その資産が値下がりした場合に資産が大きく目減りする可能性がありますが、複数の資産に分散しておくことにより、ある資産が不調でも他の資産が違う動きをすれば、全体としてリスクを抑えることができる可能性があるということです。


米国株投資債務整理

« 資産配分の調整 リバランス | トップページ | 債券の格付け »

経済・政治・国際」カテゴリの記事